名古屋から群馬まで安く行く方法。移動手段を比較

この記事では名古屋から群馬まで、公共交通機関を利用してなるべく安く移動できる方法はどれか移動手段を比較していきます。

今回比較する時の目的地は前橋市としています。

なお今回紹介する料金や移動時間はあくまでも目安程度に考えてください。

料金については時期や曜日によって変動があるため、正確な情報は事前に調べておくことをお勧めします。

名古屋から群馬まで一番安く行けるのは

名古屋から群馬まで最も安く行く方法は、18きっぷ利用可能期間はJR在来線」、いつでも行ける方法だと高速バス(乗り換え)となりました。

ではそれぞれの移動手段で名古屋から鳥取まで行った場合の所要時間と料金について詳しい情報をまとめていきます。

電車で行く場合

新幹線

所要時間:約3時間~
料金:約14720円

東海道新幹線で東京まで行き、そこから上越新幹線で高崎まで行く方法。

乗り換えの時間にもよりますが早ければ3時間ほどで移動することができます。

また上越新幹線を利用せずに東京から在来線で移動すれば、所要時間は4時間くらいになりますが、約2500円の節約ができます

さらに東海道新幹線で「ぷらっとこだま」を利用すれば所要時間は5時間ほどで料金は安い時で1万円くらいからになります

特急

所要時間:約7時間30分~
料金:約12780円

特急「しなの」と特急「あずさ」を利用して長野県を通って群馬まで行く方法。

この方法はメリットは特にありません。

特急を使うくらいなら先ほど紹介した新幹線+在来線の方が時間もかなり早く着きますし、料金も若干安いくらいです。

JR在来線

所要時間:約9時間~
料金:8030円(18きっぷ利用時は2410円)

JRの在来線のみで行く方法。

18きっぷ利用ならこの方法が最安となります。

東海道本線を利用するので電車の本数は多くいろいろと融通は利きます。

ただそれだけ利用者も多いのでできるだけラッシュの時間帯は避けた方が良いです。

高速バスで行く場合

名古屋から群馬への直行便

所要時間:約7時間~
料金:約10000円~

名古屋から群馬まで直行の高速バスで行く方法。

名古屋~群馬を直行で結ぶバスは少なく、夜行便のみとなります。

在来線だけで行くよりも2時間ほど早く着きますが、やはり7時間で片道1万円というのはコスパは悪いです。

これなら2000円ほど上乗せして新幹線+在来線を利用して4時間で移動した方が良いです。

名古屋から群馬へ乗り換えで行く

所要時間:約8時間30分~
料金:約4000円~

名古屋から群馬まで高速バスを乗り換えて行く方法。

乗り換えは基本的には新宿になります。

いつでも使える移動手段としてはこの方法が最安の手段となります。

直行と比べても安い時なら半額以下の値段になるのでかなり安く移動できます。

特に群馬の有名な温泉地である「伊香保温泉」や「草津温泉」へ行く場合は新宿から直接、高速バスで行けるので非常におすすめです。

また行き先が館林や伊勢崎の場合は新宿からバスを使わずに在来線で行った方が安くなる場合もあります。

まとめ

新幹線14720円3時間~
新幹線+在来線12210円4時間~
新幹線(こだま)+在来線10500円~5時間~
特急12780円7時間30分~
JR在来線8030円(2410円9時間~
高速バス(直行)10000円~7時間~
高速バス(乗り換え)4000円~8時間30分~

名古屋から群馬への移動手段を比較した結果はこのようになりました。

18きっぷ利用期間はJRの在来線のみで行く方法が最安。

いつでも使える方法としては高速バスの乗り換えで行く方法が最安です。

また移動時間を早くしつつ、少しでも節約をしたい場合はぷらっとこだま+在来線という方法もあります。

これならこだまが安い時期なら、5時間ほどで行けて料金は約1万円となります。

 

では名古屋から群馬までの移動手段の比較については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】

【草津温泉】観光する時の所要時間やあると良い持ち物
全国的にも有名な温泉地であり、日本三名泉の1つでもある群馬県の「草津温泉」。 草津温泉は群馬県の北西、長野県との県...

 

タイトルとURLをコピーしました