松本城を観光する時の所要時間や電車で行く方法

こんにちは、ケイです。今回は年中いつでも楽しめる長野県の観光地である「松本城」に電車で行ってきたので行く方法や観光する時の所要時間をまとめていこうと思います。

松本城へ電車での行き方

最寄駅と駅からのアクセス

松本城へ電車で行く場合はJR篠ノ井線の「北松本」駅が最寄りとなります。

北松本駅からは徒歩で約10分ほど。

ただ隣駅の「松本」駅で降りれば城下町って感じの道を通って松本城まで歩いていけるので、散策がてらそちらからのルートがお勧めです。

時間にしても徒歩15分くらいなのでそこまで遠くなるわけではありません。

松本駅からはバスも可能で、「タウンスニーカー」「美ヶ原温泉線」「浅間温泉線」などを利用し「松本城・市役所前」のバス停で降車するのが最も近いです。

主要都市から松本駅までの時間

  • 東京⇒松本 約3時間
    新宿から「特急あずさ」を利用する方法です。新幹線でも行けますがそうなると長野経由になり、時間も同じくらいなのであずさを利用する方が安くて良いです。
  • 名古屋⇒松本 約2時間
    名古屋からは「特急ワイドビューしなの」を利用するのが一番早く、乗り換えも無いです。
  • 大阪⇒松本 約3時間30分
    大阪からは新大阪から名古屋間で新幹線を利用し、そこからは名古屋からと同様にワイドビューしなので松本へ。ただ乗り換えの時間帯によって4時間近くかかってしまう事もあります。

開場時間や観覧料

開場時間や開場日

  • 8:30〜17:00(最終入場は16:30)
  • ゴールデンウィークや夏季のお盆休みなどの特別期間は8:00〜18:00(最終入場17:30)までと普段より少し長め
  • 12月29日〜31日は休業

観覧料

通常料金最終入場時刻の1時間前以降の入場料金
(通常期:15:30以降、特別期:16:30以降)
大人
(高校生以上)
610円410円
小人
(小・中学生)
310円200円
団体(大人)420円〜550円
団体(小人)210円〜270円

松本城は天守のある本丸庭園のエリアが有料エリアとなっており、観覧料が必要です。

観覧料には松本市立博物館の料金も含まれているので、それを考えると大人の610円というのはかなり良心的な価格ですね。

さらに松本市民は身分証提示で天守は無理ですが本丸庭園までは無料で入場できたり、お盆休み期間に和服で来場すれば天守まで無料で入場できたり、閉園が近い時間にいくと少し安い料金で入場できたりといった特例もあります。

また周辺の松本城公園は無料で散策でき、内堀の外から城を見たり写真を撮ったりするだけなら無料でも十分に楽しめます。

松本城を観光する時の所要時間

松本城内に入り、天守まで行って戻ってくるだけでもだいたい40分〜1時間程度の所用時間となります。

ただ僕が行ったときはそれほど待ち時間がなかったのですが、繁栄期には入場まで30分以上の待ち時間が発生することも多いみたいです。

待っている間に座れるところはあるみたいですが、雨の日や猛暑の日などはつらいかもしれないのでそういった日に行く場合は対策が必要です。

それに加えて本丸庭園で城の写真を撮ったり、散策したり、売店に入ったりする時間と、周りの松本城公園をぐるっと回ったりする時間も考えると、少なくとも2時間以上の所要時間になります。

松本市立博物館へ行く場合はさらにプラス40分程度。

松本城周辺の施設をがっつり観光しようと思ったら3時間以上は見ておいた方が良いと思います。

まとめ

  • 松本城へ行く場合の最寄駅は「北松本駅」。ただ「松本駅」からのアクセスの方がおすすめ
  • 開場時間は通常期が8:30~17:00、特別期が8:00~18:00
  • 料金は大人だと610円で最終入場時間近くになると少し安く入場できる
  • 松本城周辺も含めてしっかり観光したいなら3時間以上は所要時間をみておいた方が良い

松本城は電車でもアクセスがしやすく、料金もそこまで高くないので非常におすすめの観光地です。

ぜひ一度行ってみてくださいね。

では松本城へ電車で行く方法や所要時間については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

帰り道での一枚。

image

コメント

タイトルとURLをコピーしました