名古屋から神戸まで安く行く方法は?移動手段を比較してみた

スポンサーリンク

愛知県の名古屋から兵庫県の神戸へ公共交通機関を利用して行く方法は主に電車と高速バスですが、一番安く移動できる方法はどれでしょうか。

この記事では名古屋から神戸までの公共交通機関での移動手段を比較してなるべく交通費を節約できる方法を探してきます。

なお今回紹介する料金や移動時間はあくまでも目安程度に考えてください。

料金については時期や曜日によって変動があるため、正確な情報は事前に調べておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

名古屋から神戸まで一番安く行けるのは

結論から言うと最も安く移動できる手段は近鉄+JRの在来線利用で料金は3140円。

ただ、JRの青春18きっぷ販売期間、高速バスの安い時などは最安の移動手段は変わってきます。

ではそれぞれの移動手段で名古屋から神戸まで行った場合の所要時間と料金について詳しい情報をまとめていきます。

電車で行く場合

新幹線利用(のぞみ)

所要時間:約1時間40分
料金:6600円

新幹線を利用する場合は名古屋からのぞみを利用して新大阪まで行き、新大阪からは在来線で神戸まで行くというルート。

新幹線利用(ぷらっとこだま)

所要時間:約2時間
料金:5150円(通常期)

新幹線をのぞみではなくこだまを利用していく方法。

移動時間はのぞみと大きく変わらないにも関わらず、料金は1500円近く安くなります。

近鉄特急利用

所要時間:約3時間30分
料金:5070円

名古屋から近鉄特急と在来線を利用して神戸まで行く方法。

新幹線と比べると1500円ほど安いですが、乗り換えの都合もあり時間は倍以上かかってしまうため移動手段としては微妙です。

JR在来線利用

所要時間:約3時間30分
料金:4070円(2410円)

名古屋から東海道本線、琵琶湖線とJRの在来線のみで神戸まで行く方法。

近鉄の特急を利用した場合と時間がほぼ同じで、料金は1000円安く、新幹線と比較すると2500円以上安くなっています。

また青春18きっぷを利用した場合は1日当たりの計算で約2410円での移動が可能。

近鉄+JR利用

所要時間:約4時間20分
料金:3140円

名古屋から近鉄名古屋線・大阪線とJR大阪環状線、神戸線を利用していく方法。

乗り換えも多く時間がかかりますが、18きっぷのシーズン以外で電車で行く手段としては最安の3140円での移動が可能。

高速バスで行く場合

名古屋から神戸への直行便

所要時間:約3時間
料金:3500円

名古屋から直行で神戸まで行く方法。

名鉄バスが本数もそれなりにあり利用しやすいです。

また本数はそれほどありませんが昌栄交通のバスなら3000円ほどで利用できる事もあります。

JRの在来線と比較しても早く、安く移動することができます。

まとめ

新幹線(のぞみ)6600円約1時間40分
新幹線(こだま)5150円約2時間
近鉄特急5070円約3時間30分
JR在来線4070円(2410円)約3時間30分
近鉄+JR3140円約4時間20分
高速バス3500円前後約3時間

名古屋から神戸への移動手段を比較した結果はこのようになりました。

いつでも使える方法だと近鉄+JRの利用が3140円で最安

ただJRの青春18きっぷが使用できる時はそちらが最安となります。

高速バスはかなり価格が変動するため、安いときなら3000円以下で使用できる場合もあるため、そうなってくると高速バスが最安となる事もあります。

特に高速バスは最安でなくても移動時間も電車と比べても早く、料金も安めなのでコスパを考えればかなり良いです。

コスパという点で言えば、安くはありませんがぷらっとこだまを利用して行けば5000円ほどの料金で2時間で神戸まで行くことができるためコスパは良いです。

少し高くても良いからなるべく早く行きたい場合はぷらっとこだまがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました